2013-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aquadelic GT

世界各地を自由に旅しながら
ボートレースを中心にお金と名声を得ていく
カジュアルな水上レースゲーム。
GAMESTOPでセールしていた時に購入したと思います。

■タイトル画面
Run TITLE.jpg

テーマは自由!
メインのレースをクリアしていくもよし!
水上タクシー、コイン収集、物資投下、人命救助のサブミッションで遊ぶもよし!
好きな時に好きな場所で好きな事をして遊べるそんなゲームです。
もちろん、全てのミッションに時間制限などはありません。
のんびり、水上生活を満喫してください。

コントローラーには対応しておらず、ボートの操作はキーボードで行いますが
矢印キー上下でスロットル、左右で方向舵といった
とても簡単なもので、ダメージ表現もありません。
誤って陸地に乗り上げても「R」キーで元に戻れます。

■外部固定カメラ
Run Camera.jpg

視点は4つ、3人称近距離、遠距離、固定、1人称、
「C」キーで切り替え可能です。

■初期のボートはおんぼろ
Run First Ship.jpg

MAP内を自由に行き来できるのも特徴
ボートショップ、アップグレードショップ、マイハウスのほか、
ジャンプポイントのようなアクションポイントもあり
すべるように走るボートで好き放題走れます。
飽きてくればレースに参加やタクシー業務をして、そんな感じで遊びました。

■プレイ画面
Run Play 02.jpg
Run Play 05.jpgRun Play 01.jpg
Run Play 03.jpg
Run Play 08.jpgRun Jump.jpg
Run LAST LAND.jpg

ボートはハンドリングとエンジンが1段階パワーアップ可能
ニトロ搭載数を追加したり、色とホーンを選択できます。
カスタマイズ度は低いですが、十分かと思います。

■ボートレース
Run Race.jpg

数台のボートでレースを行い、順位を競います。
先のステージに進む為にはこのレースで
1位になる必要があるので、こちらがゲームのメインになります。
また、1位から3位までに入賞すると高額な賞金と名声が手に入り
スポンサーの獲得やより高額なボートへ乗り換えたりできます。

難易度はそれほど高くなく、スピード感もほどほど
何度かリトライすれば上位入賞が可能です。
コース上にはマリオカートのようなアイテムとニトロが
浮遊していて、取得すればランクの低いボートでも
勝利できるようになっています。

■ヨットでコイン集め
Run Coin Collection 07.jpg

水上に浮かんでいるコインやダイヤマークに接触し
収集していくミッションです、
好きなだけ集めた後は、いつでも途中でやめれます。

コインを集めればお金がもらえるので
初期の資金集めには良いサブミッションですが
ゲームを通じてもらえる金額が変化しないため、
終盤は賞金が高額になるレースを主にプレイし
あまり遊ばなくるのが残念です。

「ヨットも操作できるよー!」
程度と考えておいたほうがいいでしょう。

■飛行機で物資投下
Run Busshi.jpg

水上機の離陸から物資投下のミッションは
ゲーム中2つしかプレイできませんが、
操作に癖があり、難易度が高いと感じました。

こちらはキーボードではなくジョイスティックか
コントローラーで操作したかったところです。

■水上機
Run SKY 02.jpg

フルキーボード操作でちょっと不便感があったり
ゲーム中のFPSが安定せず、v1.3のパッチをあてても
40くらいまで落ち込むことがありましたが
特にフリーズや無応答などの問題はありませんでした。

少し前のゲームですが、水のグラフィックは良い感じで
ステージも河から海へと徐々に広くなり、
最終ステージはMAP上をただ滑っているだけでも楽しく
忙しいゲームと違ってお酒を飲みながらでも遊べてしまう、
そんな「なかなか遊べるゲーム」でした。

もっといろいろ詰め込んで、続編出るなら買いたいですね。
スポンサーサイト

テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム

Paper Monsters をPlay

GMGで同時期に購入したReal Heroes Firefighterを
遊びたかったのですが、私のWIN7機では起動しなかったので
あきらめてこちらを遊んでみました。
横スクロールのカジュアルアクションゲームで、
iPadやAndroidでも発売されているようです。

■タイトル画面
PaperMonsters TITLE.jpg

Android版の名残なのか、メニュー画面などは
コントローラーで操作ができません。
マウスでクリックする必要があり、不便です。

■この画面でもクリックが必要
PaperMonsters 2013-01-21 10-53-44-251.jpg

アクションは左右の移動と二段ジャンプだけなので
とてもシンプル、コントローラーのキーとボタン1個だけで
事足りてしまいます。

主人公はダンボールでできたキャラクターで
敵キャラやステージなども
全体的にかわいらしいイメージで作られており
どちらかというと子供向けで、確かに癒されます。

■プレイ画面
PaperMonsters 2013-01-21 11-05-07-453.jpg
PaperMonsters 2013-01-21 10-56-28-645.jpg
PaperMonsters 2013-01-21 10-56-51-262.jpg
PaperMonsters 2013-01-21 10-56-45-989.jpg
PaperMonsters 2013-01-21 11-02-45-738.jpg

一部の敵は上から踏みつけると倒すことができます。
主人公はライフがあり3回敵に触れるとゲームオーバーですが
何度でもコンティニューができ、残機の概念はありません。
とても難易度は低いですが、先に進むとジャンプのタイミングを
図るものが多くなり(といってもボタンひとつじゃそれだけですが)
敵の配置もいやらしくなってきます。

その他、奥行きのあるステージがあったり、
ソリに乗ったりと、結構工夫されていますが
ジャンプひとつではアクションの幅がなく限界があります。

■潜水艦やヘリなどに変身も
PaperMonsters 2013-01-21 10-54-39-818.jpg

キャラクターはステージでボタンやクリップを集めていきます。
集めたボタンをお金代わりに服や装飾品のカスタマイズを購入可能

■ボスも登場します。
PaperMonsters 2013-01-21 11-01-01-898.jpg

結局、シングルプレイの途中までしか遊んでいません。
殺伐としたFPSゲームの合間にプレイすると
癒されていいものですが、操作が簡単すぎなので
すぐ飽きてしまいます。やはりiPADやAndroid向けなのでしょう
解像度も変更できなかったりと、PCで遊ぶ意味はないでしょう。

テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム

Air Conflicts Secret Wars をPlay

第二次世界大戦のヨーロッパが舞台の
飛行機シューティングゲーム、(第一次大戦は回想シーンで登場)
マウス&キーボードでも操作可能ですが、
慣性があり、やりにくかったので
XBOX360のコントローラーで遊びました。

コントローラー設定については、
ボタン配列を変更しても、再起動時にデフォルトに戻ったり
変更できなかったり、不具合があるようで
結局、デフォルト配置のままプレイしました。
マルチプレイもあるようですが、シングルプレイのみの感想です。

■タイトル画面
ACSW TITLE.jpg

ゲームはミッションクリア型で前半はゲリラ戦が中心
まず紙芝居でストーリーが語られ、ミッションが開始、
条件をクリアすると次のミッションへと進みます。
特に分岐はなく、1本道で進んでいきます。

■プレイ画面
ACSW Play 05.jpg
ACSW Play 04.jpgACSW Play 02.jpg
ACSW Play01.jpgACSW Play 03.jpg
ACSW Play 07.jpg
ACSW Play 08.jpgACSW Play 06.jpg

ミッションの内容は敵の撃破や、隠密行動、尾行など、
様々なシチュエーションが用意されていますが
指令以外の事をするとゲームオーバーとなるので
常にミッション目標には注意が必要です。
ただ、時間制限もあったりでやらされ感が強く、
正直あまり楽しいものではありませんでした。

一度ミスをするとミッションをスキップできるので
面倒だと感じたら遠慮なくスキップしましょう。

■ストーリーは紙芝居
ACSW ANIME Movie.jpg

ミッション開始時に機体を選択できますが
機体のパワーアップや武装変更などの要素はなく
どれを選択しても代わり映えのしない性能でした。
ミッションによっては爆撃機のみといった制限があります。

その他、パイロットの成長要素があり
運を上げておくとクリティカルヒットがでやすくなるので
私は真っ先に上げました。

機動は思いっきりアーケードよりで、
主に旋回をしながら、敵の背後を狙う戦闘になります。
ただ、開始時に挙動を選択でき、
私はアーケードを選択したのでシミュレーターを
選択すれば変わるかもしれません。

■コックピット視点は爆弾投下場所が見えなくて出番なし
ACSW Cockpit 01.jpg
ACSW Cockpit 02.jpg

武器は機銃と投下型爆弾、直進するロケット砲の3種類
弾数は無制限ですが、機銃は銃身の温度があがると
撃てなくなり、冷えると使用可能に。
ロケットと爆弾は使用後に時間経過で装填されます。
機銃は照準をあわせなくても
機首が敵の方を向いてさえいれば、
勝手に弾が敵の方に飛んでいきます。すごくカジュアルです。

ダメージ表現はしっかりしていて
羽根が剥がれたり煙が出たりしますが
グラフィックだけで、
性能は変わらないような気がしました。

■ダメージを受けると羽根も剥がれます
ACSW Damage.jpg

基本的に1ミッションが短く、サクッと遊べます。
長いミッションもありますがチェックポイントが
設けられていて、やり直しが楽でした。
ただ、全クリアまで42ミッションと数が多いので
モチベーションが保てるかどうかが・・。

■ミッションそっちのけで橋の下をくぐったりしてましたw
ACSW Stant.jpg

箱庭のような好感の持てるグラフィックで雰囲気はいいのですが
スピード感も無く、淡々とミッションを消化するだけで
定価ではお勧めできない代物だと思います。
たとえ、カジュアルな飛行機シューティングをお探しであっても
他のゲームを遊んだ方がマシでしょう。
セールで5ドルくらいであれば・・・。

■何とかクリアしました。
ACSW Clear.jpg

どうやら、太平洋戦線が舞台の続編もあるようで
そちらも遊んだらレポートしたいと思います。

テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム

Sniper The Manhunter をPlay

たぶん、ロシア製FPS、すごくバリューっぽい内容で
あまり情報がなく、どんなゲームかわかりませんでしたが
GreenManGamingでセールしていたので購入してみました、
ゲームモードはシングルプレイのみです。

■タイトル画面
MH TITLE.jpg

名称ですがGMGではMunhunterと記載されていますが、
Sniper The Manhunterが正式名称のようです。
グラフィックや射撃感、操作感覚を含め、
ふた昔くらい前のFPSという印象で、2012年発売ですが
昔のFPSを懐かしむには良いゲームじゃないでしょうか
マウスでのエイム感がよく、これぞPCゲームだと実感できるでしょう。

■プレイ画面
MH PLAY 06.jpg
MH PLAY 07.jpgMH PLAY 04.jpg
MH PLAY 02.jpg
MH PLAY 03.jpgMH PLAY 05.jpg
MH PLAY 01.jpg

私の環境では、まれにアイコンをダブルクリックしても
ゲームのプログラムが無応答で起動せず
タスクマネージャーから終了させ、
3回目の起動でやっと立ち上がるといった現象がありました。

■他にもステージ外へ放り出されるバグも・・・。
MH WARP.jpg

基本は一本道のFPS、セーブはチェックポイントで自動にされ
任意セーブはできません。ロードが少し長く感じた以外は
システム面で特に不便なことはありませんでした。

ゲーム内容としては、最初と最後のミッションは要人救出ですが
他は敵を殲滅しながら標的をスナイピングする場所まで行き
相棒の指示を待ってビューティフォーなショットを決め
脱出すると言うものです。

■発動条件が不明ですが、敵が倒れる演出なんかもあります。
MH ENEMY DOWN.jpg

武器は拳銃とサブマシンガン、アサルトライフル、
スナイパーライフル2種類と、合計5個ももてます。
あまり使用しないのですがグレネードもあって結構重装備。

アクションはリーンなどはなく、走る、しゃがむのみ、
また、歩くときの頭のゆれを再現していますが
酔いそうになるだけで、無駄な要素かと・・。

味方が結構強く、敵をバリバリ倒してくれます。
いいことなのですが、あまりにも敵を倒すことに夢中で、
プレイヤーが射線上に入っても躊躇なく撃ちまくってくれるので、
行動には注意が必要です。
もちろんフレンドリーファイヤーでダメージを受けます。
逆に味方へ誤射すると即GameOver!!
まぁ、味方が出るのは2つのミッションだけで
後は単独行動ミッションなのがせめてもの救いでしょう。

■味方が敵を殲滅なんてことも・・・。
MH FRIEND.jpg

味方の強さに反して敵のAIは棒立ちで撃つだけですが、
どんな遠距離でも正確に当ててくるので
隠れながら応戦したほうがいいでしょう。
道中は一般的なFPSと変わりませんが、
標的のスナイプの瞬間だけはワクワクし結構遊び応えがありました。

■この一瞬~
MH SNIPE 01.jpg
MH SNIPE 02.jpg

戦闘中の音楽は最悪で、
短い同じフレーズが延々と繰り返されます。
フレーズとフレーズの間が一瞬無音になるので
そこが逆に気になって仕方なかったです。
普段は無音で呼吸音だけというのも
緊張感はありますが寂しいものです。

■ラストは味気ないですが・・・。
MH LAST.jpg

最後のミッションの洞窟は暗すぎて嫌になりましたが
まぁ4-5時間程度は遊べ、セールで5ドルくらいであれば、
時間つぶしに買ってもいいかと思います。
結構おもしろかったです。

テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム

Medal of Honor Warfighter をPlay

HDWOWでパッケ版を購入、
Originでキーを登録したら日本語音声&字幕になりました。
言わずも知れた「メダルオブオナー」シリーズの最新作、
ファンとしては今後もシリーズFPSゲームとして
がんばって欲しい!と、期待半分で予約したものです。

■タイトル画面
MOHW title.jpg

シングルプレイのみの感想となりますが
あいかわらずの伝統的な一本道シューター、4時間程度でクリアできます。
ただ、前作までは行動をプレイヤーが選択できたり
攻略順序を考えたり、色々工夫がされていたのですが
今作は完全に一本道、行動も製作者の意図されているルートのみで
ステージ内の行動範囲が狭い印象を受けました。
そのせいか全体として敵が近く、近距離戦闘が多かった気がします。

ストーリーについてですが、
演出の為、話が前後したり操作キャラが変わったりで、
初回プレイでは全体がつかみにくいと感じました。
色々分かってくる終盤は面白くなり、
人に着目した良い話だとは思いますがインパクトに欠けます。

■プレイ画面
MOHW Play 01.jpg
MOHW Play 02.jpgMOHW Play 03.jpg
MOHW Play 04.jpgMOHW Play 05.jpg

システムについてですが
コンシューマーに最適化されていそうな操作感覚ですが
マウスとキーボードでも十分遊べます。
時々挿入される車を運転するステージは
コントローラーでプレイする方がいいでしょう、
しかし、その車を運転するステージは30FPSで描写される始末
その他は60FPSですが、FPS部分とゲームエンジンが違うのか、
ドライブステージの開始時と終了時には一瞬、暗転動作があり
解像度も初期値に戻ったりしました。
私の環境だけかもしれませんが、再設定をする必要があり多少、手間でした。

あと、プリレンダのムービーとプレイ中の字幕の大きさに差があり、
特にムービー中の字幕が小さくて見難く残念な仕様。
他にも細かい点ではありますが、
船のブリッジを字幕では「ブリッジ」と表示しているのですが
音声台詞は「橋」と訳しているなど、誤訳もチラホラ・・・。
このあたりは細かい調整でなんとかならないものかと
正直、不満点であります。

■字幕(ムービーシーン)
MOHW movie jimaku.jpg

■字幕(プレイ中)
MOHW Play Jimaku.jpg

最近のFPSでは扉突入のシーンは
スローモーションが一般的になってきましたが
こちらも例に漏れずスローモーションがかかります。

■突入方法を選択可能(演出以外の違いが不明)
MOHW Open Door.jpg

部隊行動では、仲間から銃弾の補給を受けたり、共闘感はありますが
敵のいないところをずっと撃っていたり、敵が仲間を素通りしたりと
AIがいただけないのが悲しいところ。

■仲間から弾薬を補給
MOHW DanyakuHokyuu.jpg

グラフィックについては、
最新のゲームらしく細かいところまで描写されなかなか美しい
特に人物が本物っぽいと感じました、
背景としては夜間とか屋内ステージが多いので
印象に残っているところがなく、少しもったいないかな。

唯一、気分転換要素のドライブ面がなかなかおもしろい!
特に敵車から隠れながらゴールを目指すステージは
ラリーXに似た感覚で、緊張感があり真剣に遊べました。

もう、FPS捨ててドライブゲーム作ったほうがいいんじゃないかと・・・。

■ドライブステージは良
MOHWD Drive 03.jpg
MOHWD Drive 02.jpgMOHWD Drive 01.jpg

フリーズなどの症状はなく遊べましたが
内容としては、ライバルゲーム達にますます差をつけられたのではないでしょうか。
MOHは作品を重ねる毎に、どの路線がいいのかわからなくなっていますが
FPSとしては遊べる作品レベルだと思います。
ただ特色が薄く、かなりカジュアル化しているので
FPSをあまりプレイしない人にお勧めできる一本じゃないでしょうか

テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム

«  | ホーム |  »

カウンター

カテゴリ

PC GAME Catalog (131)
Action (10)
Drive (8)
FPS/TPS (52)
Pazzle (16)
RPG (4)
Simulation (8)
Sports (3)
Strategy (2)
STG (8)
ETC (7)
Demo (12)
検証 (1)
プレイ日誌 (153)
Beowulf (9)
Bionic Commando (15)
BorderLands2 (2)
Breed 記録 (7)
C&C Renegade 記録 (7)
Darkest of Days (5)
DarkstarOne 日記 (19)
Eragon 記録 (16)
Fallen Lords (4)
FIFA11 (2)
FIFA12 (1)
FIFA13 (2)
GR Future Soldier (3)
HardReset (5)
HydrophobiaProphecy (2)
Inversion (6)
Legendary (2)
Mercenaries2 (4)
NFS The Run (3)
NFS UC (1)
Paraworld (4)
Panzer Elite Action (3)
Pure 世界紀行 (8)
Race07 記録 (3)
Section8 (2)
Section8 Prejudice (4)
Turok 記録 (10)
Wanted (2)
War of the Roses (2)
雑記 (45)

プロフィール

HMH_Hide

Author:HMH_Hide
洋ゲーメインのPCゲーマーです。
英語はほとんどわかりませんが、
勢いと雰囲気でプレイしてます。

当ブログはリンク自由で、
相互リンクも随時募集中です。

XBOX360&PS3&Wii
もやってます。
フレンド登録はお気軽に。

題名とは裏腹に流行を横目に
てきとーな動画をもとに
ひっそり&まったり&不定期に
ゲーム紹介や感想
プレイ日記をやっとります

楽しいが一番!

※Zoome登録の動画は削除
されています。その影響で
一部ブログ内動画が見れません
あしからず。
※記事は新→旧の順番に
表示されます。

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

Twitter

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。