2012-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Earth Defense Force Insect Armageddon を Play

XBOX360版を購入しておきながら、
友人に貸している間にPC版が発売になり、ついつい買ってしまいました。
有名なTPS、地球防衛軍の海外開発版です。
4の発売を今か今かと待ちながらプレイしております。

Steamで購入、言語に日本語は入っていませんが
英語がわからなくても特にプレイには支障はないでしょう。

◆タイトル画面
EDF-IA Title

ヘッドショットを狙うようなゲームではありませんが、
PC版はマウスとキーボードで操作でき、武器が豊富でなかなか面白い!
ただ、シリーズ物であるがゆえに、どうしても日本制作の物と比較して、
名物である仲間の掛け声やら、本部との通信もいま一つな感じがして
何か物足りなく感じてしまいます。
あっさりしてるストーリーも盛り上がりに欠け、特にラストはいかがかと・・・。

あとマイナス点としては敵の種類が少なく、出現数も消化不良。
ただし、難易度を上げるとヤバイ、ヤバスギル、
出現数は変わりませんが、敵の攻撃力、守備力が大幅にアップし、
特に低レベルで高難易度を遊ぶと1ステージが1時間以上かかったりします。
気を抜くと一瞬でやられてしまうという素敵な緊張感を楽しめます。

また、キャラクターが4つのクラスに分けられ、
ジェットでの飛行やタレット設置等、
新しくやれる事が増えたのは評価したいのですが
レベルを導入したお陰で、レベル上げが大変なのと
武器もレベルキャップ制になってしまったのは少し残念。

◆各クラスとも特徴的(右下は撮影ミスで武器選択中w)
EDF-IA JETEDF-IA Tac
EDF-IA TrooperEDF-IA Weapon

あわせて、市街戦ばかりでステージの種類も少ない。
海辺とか地下とか峡谷とかでも地球防衛したかったところです。

◆市街でビルを壊したい放題だが、見えない壁が・・・。
EDF-IA Play

いろいろと不満もありますが、キャラクターが成長し、
レベル8の強力な武器類を手に入れると爽快感がものすごい!
うじゃうじゃとした敵を一掃するのはとてもカイカンです。
手軽に地球を防衛できる、そんなゲームになってきて
気がつけば夜中2時とか危険な感じです。

◆久しぶりのプレイ動画。


とにかく、チマチマとプレイしながらレベルを上げて
建造物を破壊する爽快感を楽しめる、そんなゲームでした。

Steamのセールが始まりましたが、
今回は二重購入をしないようにして気をつけたいと思います。
自信ないけど・・・。
スポンサーサイト

テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム

Alan Wake をPlay

あいかわらず、購入しただけのゲームが量産されていますが
このゲームをクリアしていたのをすっかり忘れていました、
Steamでも日本語音声、日本語字幕になっていて、とってもお得!
ストーリーが分からなければ面白さ半分以下なゲームじゃないでしょうか、
そんなサイコホラーTPSゲーム。

■タイトル画面 ロゴデザインがイカス~
AlanWake Title

一本道のTPSですが、アイデアがなかなか面白い、
光を当てて敵を弱体化してからでないと攻撃を受け付けない、
このシステムが目新しく、かつ、
うまくゲームやストーリーと融合していて、
ハラハラドキドキの体験をさせてもらいました。

時代遅れのおやじまる出しですが、プリズンブレイクなる
洋ドラマにはまってしまい、最近、完走しました。
あの、「前回の●●●●は・・」というフレーズはお決まりの文句なんですね!

あと、技術的な事はわかりませんが、グラフィックが美しく、
舞台である片田舎の自然をとてもよく表現しています。
そんなバカンスな雰囲気をかもしだす一方で、
昼と夜の対象的な自然の顔が、上手く恐怖を演出しています。

真っ暗やみで、山の中で一人、うっそうとした木々を想像してみてください、
風の音、それだけでも十分怖いですよね??
そんな恐怖と合わせて、舞台に登場する様々な人々や謎が
プレイヤーを更なる恐怖へといざなってくれます。

■片田舎の風景は美しい
AlanWake Village
AlanWake cave

■夜は薄暗く、うっそうと・・・。
AlanWake Night

効果音も恐ろしく効果的で、お化け屋敷効果抜群!!
敵の出現の度にAAA級でびっくりさせられ、鳥肌ものでした。

解決したと思ったら深まる謎、謎、
小説かドラマを見る感覚で進むストーリーには
ぐんぐん引き込まれてしまいます。

■脇役も個性豊か
AlanWake People

敵が光に弱いという特性から、
発煙筒や懐中電灯も武器になりますが、止めを刺すのは銃器のたぐい、
この辺りは一般のTPSと変わりはないように思いました。

■明かりにどれほど安心させられたか
AlanWake light

せっかくの目新しいアイデアも終盤は若干面倒になってきますが
ストーリーが気になる為、やられても繰り返し挑戦でき、
クリアまで一気にプレイしてしまったゲームでした。

DLCでは、後日談が語られる内容となっており、
クリアした人はプレイして損はないと思います。
まぁ、最後まですっきりしない形で終わっていますが、
続編に期待したいところです。

たしかPC版はコンシューマー版の後で発売された事もあり
現在は安価となっていますので、
ゲーム内容に興味のある方は買って損はしないと思います。

なかなか良いゲームでした。

テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム

SpecOps The Line をPlay

久しぶりに更新。
まぁ、最後のブログ更新からクリアしたゲームは数本だけなので、
ブログネタが無かったということで・・・。

そんなこんなで最近クリアしたゲームですが、
GMGで購入し、STEAM登録したら英語音声、日本語字幕だった、
ちょっとお得なカバーアクションTPS。
シングルプレイ難易度ノーマルの感想です。

■Menu画面 起動のたびに手前のスナイパーの状況が変化します。
SpecOpsTheLine Menu

ただ、なんでしょう、ドバイを舞台にして、砂の表現や
高層ビルの風景は目を見張るものはありますが
ゲームとしてみると平凡以上、良作以下な感じでした。
プレイ時間は5時間弱、

■ビルと砂の色が美しい
SpecOpsTheLine Buildings01SpecOpsTheLine Buildings02
SpecOpsTheLine suna01SpecOpsTheLine Suna02
SpecOpsTheLine ETC1

ヘッドショットをするとスローで敵の頭が飛んだり
倒れている敵へのどどめのアクションがあったりと、
ダメージ表現は残酷に作られているものの、
こじんまりとしていて、せっかくの舞台を生かし切れていない気がしました。

また、全体的にダメージ耐性が低い(ダメージが高い?)為、
敵も主人公もやられやすく、
戦闘に現実味があり、歯ごたえのある難易度を演出してくれている半面、
銃撃の感覚が薄い気がします。

■何度も見ましたゲームオーバーの画面
SpecOpsTheLine GameOver

加えて、弾数も少なく、いかに無駄弾を撃たずに敵を倒すかが重要となり
ヘッドショットを積極的に狙う事で攻略が楽になるはずなのですが
必須ではなく、敵が落とす銃器と手持ち武器を交換しながらプレイすれば
弾の補充が楽に行える為、サバイバル感も中途半端なものとなっています。
良い意味で言うとバランスがいいw

ただ、味方はやられても主人公が救えるのに対し、
プレイヤーキャラはやられると即ゲームオーバーなのはいただけないかなと

あと、デフォルトの操作はコンシューマーまる出し、
スペースキーで走って、「E」で武器変更、
ホイールマウス下でグレネード選択という
FPSプレイヤーには不親切なものでしたが
まぁ、シビアな操作は要求されないので、
慣れれば、時々「キィィー」となる程度で、可としましょう。

ストーリーに関しては、3人のチームがある人物を捜索しているうちに
色々な事に巻き込まれ、仕方なしに大量殺戮を犯してしまうといった
軍備や戦闘自体に疑問を抱かせる作りになっており、
興味を持たせる内容ではあります。
ラストは近年のゲームには無い驚きがあったと思います。

正直、日本語でプレイできて感謝、感謝です。

■高層すぎるステージには少し違和感を感じる事もありました。
SpecOpsTheLine ETC2
SpecOpsTheLine ETC3SpecOpsTheLine ETC4

武器に関してはあまり詳しくありませんが
拳銃からRPGまで、一通りあった気がします、
入手については、敵が落とすのと、道中に落ちているかなので
好きな武器を好きな時に使うシチュエーションはあまりありません。

グレネードは粘着型、ノーマル、フラッシュの3種類、
投げる前に軌道が表示されるのでとても便利。

その他、武器によってはグレランの使用や
サイレンサー脱着、スナイパーライフルの倍率変更
ができたりと、ちょっとした雰囲気をかもしだしています。

マイナスイメージばかりの評価内容ですが、
シチュエーションはそれなりに多く、隠れて撃つTPS部分だけでなく
ヘリの機銃操作や砲撃、仲間の防衛や多対1の状況等
様々な交戦状態を体験する事ができ、
初回プレイでは、飽きのこない作りとなっています。

■所々に挿入されるムービー、結構多いですね。スキップ可能なのは良い
SpecOpsTheLine Movie
SpecOpsTheLine sine01SpecOpsTheLine Sine02

いかんせん、ムービーが多い気がしますが
少し安価になれば(AMAZONで半額になっていたのが記憶に新しいですが)
ちょっと変わったストーリーでTPSゲームがしたい方に
お勧めできる一本です。

テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム

«  | ホーム |  »

カウンター

カテゴリ

PC GAME Catalog (131)
Action (10)
Drive (8)
FPS/TPS (52)
Pazzle (16)
RPG (4)
Simulation (8)
Sports (3)
Strategy (2)
STG (8)
ETC (7)
Demo (12)
検証 (1)
プレイ日誌 (153)
Beowulf (9)
Bionic Commando (15)
BorderLands2 (2)
Breed 記録 (7)
C&C Renegade 記録 (7)
Darkest of Days (5)
DarkstarOne 日記 (19)
Eragon 記録 (16)
Fallen Lords (4)
FIFA11 (2)
FIFA12 (1)
FIFA13 (2)
GR Future Soldier (3)
HardReset (5)
HydrophobiaProphecy (2)
Inversion (6)
Legendary (2)
Mercenaries2 (4)
NFS The Run (3)
NFS UC (1)
Paraworld (4)
Panzer Elite Action (3)
Pure 世界紀行 (8)
Race07 記録 (3)
Section8 (2)
Section8 Prejudice (4)
Turok 記録 (10)
Wanted (2)
War of the Roses (2)
雑記 (45)

プロフィール

HMH_Hide

Author:HMH_Hide
洋ゲーメインのPCゲーマーです。
英語はほとんどわかりませんが、
勢いと雰囲気でプレイしてます。

当ブログはリンク自由で、
相互リンクも随時募集中です。

XBOX360&PS3&Wii
もやってます。
フレンド登録はお気軽に。

題名とは裏腹に流行を横目に
てきとーな動画をもとに
ひっそり&まったり&不定期に
ゲーム紹介や感想
プレイ日記をやっとります

楽しいが一番!

※Zoome登録の動画は削除
されています。その影響で
一部ブログ内動画が見れません
あしからず。
※記事は新→旧の順番に
表示されます。

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

Twitter

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。